【書評】99%の人が気づいていないお金の正体/サラリーマンの給料が「お米」ではなく「お金」である理由は?給料の正体は何だ!?

書評

もうすぐ給料日。

忙しいサラリーマンにとって、給料日は凄く嬉しいですね。心も財布も暖まります。

ところで、ふと、こんなことを思いました。

さらりまん
さらりまん

どうして僕らは働くと「お金」を貰えるのか?

一般的なサラリーマンは、労働の対価として、会社から「お金」を受け取ります。

働いた見返りは、こんなものでもいいはずです。

・高級レストランの食事券

・1ヵ月分のプレミアムビール

・JALのマイルやsuicaの残高チャージ

しかし、実際は、口座に現金が振り込まれる。

考えてみれば、江戸時代なんて、武士の給料は「お米」でした。

なぜ、給料は「お金」なのか?

この問いに答えられる人は、「お金」の正体がわかっています。この記事をお読みいただく必要はありません。

わからない人は、この記事で紹介する「99%の人が気づいていないお金の正体」(堀江貴文・著/宝島社)を是非読んでみてください。

タイトルの通り、99%の人は「お金」の正体を知らないと思われます。この本を読めば「お金」の正体を知る1%の超レアな存在になれます

これは、読まない手はない!

この本を読んで、僕らが大好きな(!?)「お金」の本質を完璧に理解してしまいましょう。

カネは皆に信用されている

1万円札の製造コストは1枚20円程度。

ただの安い紙切れです。それなのに、なぜ1万円分の価値があるモノやサービスと交換できるのか?

その理由は以下です。

「1万円札には1万円の価値がある」と、みんなが宗教のように信じているから

「お金」は、正式には「日本銀行券」。日本政府が発行しているので、誰もが揺るぎない信頼を置いています。

上の図で言うと、Aさんも、Bさんも、C社も、政府が発行する「お金」を「信用」している

なぜなら、国家が「円」の価値を保証しているから。

「お金(円)を持っていれば、大抵のモノやサービスと引き換えることができる」ということが、社会全体の共通認識になっています。

よく考えてみると、僕たちが欲しいのは「お金」そのものではないですよね?

ごはんや洋服、電車に乗ることなど、モノやサービスが欲しい訳です。それらは「お金」で交換できる。

なぜ交換できるかといえば、それは「お金」が「信用」されているからに他なりません。

カネは優れた機能を持っている

「お金」には、以下の役割があるとされています。

(1)価値の交換ができる

(2)価値の保存ができる

(3)モノやサービスの価値の尺度になる

(1)価値の交換とは、前段で書いた通り、「お金」を出せば、自分が欲しいモノやサービスと交換できるということ。

(2)昔は「お米」が貨幣として使われていましたが、いくら高級な米でも、何十年も劣化せず、その価値をキープして置くのは困難ですよね?

価値の保存とは、「1万円」を持っていれば、基本的には何年立っても「1万円」のまま価値が保存されるということ。

(3)価値の尺度になるというのは、値段のこと。モノやサービスの価値を数値化(値段をつける)ことで、誰でも客観的に、それらの価値を計ることができます。

このように、「お金」には、便利で優れた機能が沢山あります

カネよりも価値がある永遠なる存在

毎月の「給料」が「お金」で支払われる理由。

まとめると、こういうことです。

・「お金」は、みんなに信用されいるから

・「お金」を仲介して、欲しいものを手に入れることができるから

この本は、普段何気なく使っている「お金」の本質を考えるきっかけを与えてくれました。

「お金」の本質は「信用」です。

信用されているから、価値交換の道具として使えるんです。

逆に言えば、国家への信用がなくなったら「お金」なんて、ただの紙切れ。会社が潰れたら株券だって紙くずになります。それと一緒です。以前こんなツイートをしました。

他の記事でも何度も言っていますが、僕がどうにか築き上げたいと思っているのは「お金」ではなく、自分への「信用」の土台になる資産

それは、知識やスキル、人脈、健康など。形では見えないが、永遠の価値を持つ資産と考えます。