【書評】いますぐ書け、の文章法/文章は、うまく書かない方が相手に伝わる

書評

ブログ書きはじめた頃、文章がうまく書けなくて、もどかしかった。

書こうとしても、良い言葉が思い浮かばない。

こんな書けないんじゃ、ブログは続けられないって、あきらめかけた。

「すらすら書けるペン」みたいな魔法のペンがあればいいのに。ドラえもんに頼れるのび太を本気で妬んだ。

ところが、1冊の本に出会い、視界がひらけた。

「いますぐ書け、の文章法」(堀井憲一郎・著/ちくま新書)。

この本を読んで2つのことに気づいた。

それは、「良い文章とは何か?」と「良い文章の書き方とは?

この2つは僕がブログを書く際の道しるべになっています。

「良い文章」とは、どんな文章か知っておく

一つ目は、「良い文章」について。

結論から申しますと、「良い文章」とは、こう定義してよいと思う。

読む人の思考や行動を変える文章

なぜなら、文章には必ず読む人がいるから。読んだ人に、何かしらの収穫がないとね。

「役にたった」「感動した」「おもしろかった」「やりたくなった」・・・

読んだ人が、このように思ってくれたら、「良い文章」です。

つい先日、別の記事で「良い本」の定義を書きましたが、覚えていますか?(知るわけないか。逆に知ってたら、あなたに会いたい。)

「良い本」とは、「自分の行動を加速させてくれる本」。

本はインプットで、文章はアウトプット。

だから、「良い文章」とは、「良い本」とは逆で、「相手の行動を加速させる文章」となるわけです。

「良い文章の書き方」は、たった2つだけ

もう一つは、「良い文章の書き方」について。

こちらも、結論から言うとこうなります。

・読む人の立場に立って書け(本気で)

・いますぐ書け

「読む人の立場に立って書け」とは、要は、文章には読む人がいるのだから、その人に向けて書け、ということ。

どうすれば読む相手が喜ぶのか、だけを考えて書く

ちなみに、読む相手っていうのは、別の記事でも書きましたが、「過去の自分」でもOKとします。(あくまで私の整理)

「いますぐ書け」とは、いま持ってる力で戦えということ。

いま自分が知っている言葉だけで書く。

身の丈にあった言葉が一番相手に届く。使ったこともないような美しい言葉は必要ない。「自分の言葉だけで」書きはじめましょう

どう考えても、今の実力以上の文章は書けないんだから。

メッシやネイマールみたいなドリブルをしろ、といきなり言われても無理ですよね。それと一緒です。

伝わりさえすれば、細かい文体など気にする必要はない

文章は、相手に伝わって、その相手が価値を感じてくれれば、それでいいんです。

これは、すごい気づき。

要は、うまく書く必要はないということ。逆に、うまく書かない方が相手に伝わるんじゃないか、とさえ思います。

この記事も、「である調」と「です・ます調」が混在してるし、妙に馴れ馴れしい表現だったり、ぐちゃぐちゃです。

読んでくださった方に、少しでも伝わって、「ほー、なるほど」と思っていただけていたら、うれしいです。

最後に、この本から、名言。

文章は、日本語としてさほどおかしくなければ、別に何だってかまわない